ABOUT US存じやすとは

1932年、釜川のほとりで誕生したフレンチ存じやす。

宇都宮市民のみならず、今や栃木県を代表する食文化であるステーキのたれ。
「あの」ステーキのたれを作り出したのは存じやすの初代である小林藤一郎でした。

栃木県の洋食文化のオリジンともいえる藤一郎のもとには多くの弟子たちが集まり、
その弟子、孫弟子たちが味を広く伝えていったことで今の隆盛があります。

存じやすは、「元祖」の味を引き継いだ唯一の店舗として代々その味を伝えつづけてまいります。


存じやす
ステーキのたれ

存じやす創業以来の味

1932

初代 小林藤一郎が宇都宮市に創業

1958

ステーキハウス 存じやすとして洋食・ステーキの店に
「鬼平犯科帳」等で知られる昭和の文豪 池波正太郎の著作「食卓のつぶやき」にも当店が取り上げられており、事あるごとに通っていただいておりました。

この日は帰京の途中に宇都宮で降りて[存じやす]という奇妙な名前のステーキ屋でステーキを食べる予定ゆえ、あまり食べないことにしたのだ。

やがて宇都宮へ降りた私たちは件のステーキ屋を探し、暗い夜の街をうろつき、やっと見つけた。
先ずウイスキーのオンザ・ロックスを二杯。
ステーキをのせた鉄板を、食べ終えると、いったん引きあげ、肉汁が残っている鉄板で御飯を炒めて出してくれた。この焼き飯がうまかった。

1997

釜川沿いに2号店として ”わいんBAR 和洋旬菜 存じやす” を開店 県内初のワインバーとして好評に

1999

宇都宮市中央の現在地に移転し、”レストラン&ワインバー 存じやす”に改称

2007

店舗を統合し、”ステーキ&ワインバー 存じやす”に 同年11月 存じやす 極 オープン

STAFFSスタッフ

シェフ
小林 正知
Masatomo Kobayashi

シェフ
小林 史知
Fumitomo Kobayashi

マダム・サービス
小林 美保
Miho Kobayashi