存じやすについて

About us

1932年、釜川のほとりで誕生したフレンチ存じやす。
宇都宮における「洋食」、そして「ステーキ」という文化はここ存じやすを起点としてはじまり、広がっていきました。

CONTENTS

あの「ステーキのたれ」はなぜ誕生したのか?

栃木県民のソウルフード「ステーキのたれ」誕生秘話

宇都宮市民のみならず、栃木県民なら誰でもその味を知っているであろうステーキのたれ。あの独特の、癖になる味はどうやって生まれたのか?初代から直接薫陶を受けた2代目であり現会長である小林敏彦が語ります。

詳細を読む

とちぎの「洋食」の歴史=存じやすの歴史

創業86年 栃木県最古の歴史を誇る存じやすの創業から現在までのストーリー


詳細を読む

存じやすを支える料理人たち

創業からの歴史を受け継ぎ伝える後継者たち


詳細を読む